スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚痴

2012年11月01日 14:15

訪問者の少ないブログなので 少し愚痴なんぞを・・・。

ハンドメイドネタではありません。
興味がない、精神的余裕がない方はスルーしてくださいね。
以前に比べて お子らは いい感じになってきています。
笑顔が増え、毎日楽しそうに生活できるようになりました。


それでも両親は怖いようで(特に母親)
二人とも1日に必ず1度は泣いています。

ひまわりは 1日中顔を強ばらせて
いつ怒られるんじゃないのか という不安から
笑顔があまりないという 若干可哀想な状態ですらあります。
もちろん そんなのは 母親はおかまいなしです。

ひまわりもひまわりで、くっつくなと散々怒られているにもかかわらず
ばあちゃんがいない隙をみて ママにくっつき ママの前ではワガママ放題。
ばあちゃんの前では いい子にしているという セコい技を身につけました。
ま、バレてますがね。バレバレでまた怒られるを繰り返してます。

両親いわく、パパも子供もママに頼りすぎだと。
私が何でもやってあげるもんだから 私は自分で自分の首を絞めているんだとか。
もっと お子らがママ離れをして 自分でできることを多くすると
しつけの部分にもっと力を入れることができると。
・・・・。なるほど。言ってることは理解できます。

両親は自分が3人の子育てをして
3人がとても「いい子」に育ったと言います。なので育児に絶対的な自信を持っています。
しかし、両親に子育てしてもらった 私からすると
常識を外れた考え方やマナーはしていないにしろ、
幼少期に弟・妹と比べられてつまらない思いをしました。
ゆえに 無駄によく反抗していました。
そりゃあもう 聞き分けのない手のかかる子供だったと思います。
何度も恐い母親ではなくて優しい甘えれる母親を夢見たりしていました。
要は、厳しくされているからと言って 言うことを聞く子になるわけではない
と思っています。

今回の帰省でも、妹と散々比べられました。
妹は年が10歳離れているので そりゃあもう可愛がっていました。
妹の旦那と私の旦那も比べられました。
妹の旦那のご両親と私の旦那の両親も比べられました。
私の旦那の境遇は普通ではありませんからね。気に食わないんでしょう。
弟は大切な後継で 幼少期から手がかからなかったらしく
頭もよかったので 昔も今もそりゃあもう可愛くて仕方ありません。
弟の話になっても 褒め言葉以外は聞いたことはありません。
今回これで「私の居場所はどこなんだろう・・・もう実家に帰ってこれないな」と無駄に悩みました。

確かに 両親は厳しいですが お子らに愛情もって接してくれています。
でも、私は両親の育児が全てだとは思っていません。思えません。
私が小さい頃に両親に甘えたいな とか して欲しいな・・という
気持ちを 甘やかすのではく 甘えさせてあげる というスタンスで、
スキンシップ 会話 というスタンスで
自分のお子らにはやってあげたいと常々思っています。
ですが それを両親の前でやると 「甘やかしすぎだ」と言われます。

つい昨日の話だと、
8時前にじいちゃんがお子らをお風呂に入れてくれていました。
そのお風呂に入れてくれている間に 晩御飯の後片付けや お布団を敷いたり準備します。
お子らが先にお風呂から上がりました。
昨日の夜は いちだんと冷え込んでいたので 風邪でもひくとヤだな と思ってタオルで拭いてあげようと
したら「自分でやらせろ!」と言われました。
さっさと拭いて さっさと着る!みたいな感覚だったんですがね。
そのあと 着替えて歯磨きをしたとき「自分でみがけ!」と。
♪しあげはおか~さ~ん♪ってやってきてたんですがね。

母親の結論、私が甘やかしすぎてきたから じいちゃん ばあちゃんの言うことすら聞かない。
何もかも 自分の思い通りになると思っているから
思い通りにいかないと 癇癪出すし ふてくされる。
今まで甘やかしすぎたママが悪い。
これからは お子らに対しての思い通りにならないイライラが
全て私に矛先が向けられるようです。

でも 変えるつもりはありません。
口で褒める 手をあげてしつける という厳しい母親のしつけ方とは違った
ギュッと抱きしめる 頭を撫でる 力を貸してあげる という方法も使って
子育て・しつけをしていけるのも理想だと思っています。

残り1週間です。
早く自宅に帰りたいような もっと実家にいたいような。
複雑です。 



読んでくれてありがとうございました。


 


コメント

  1. ごとしん | URL | -

    nanaちゃんへ

    長ーい愚痴を読んでくれてありがとう。
    ちょうど帰省する前くらいから 育児の負の妄想に取り憑かれていて
    しかも 自分の調子も良くなかったから 更に悪化してたよ。
    育児は正解がないからね。自分が間違っていない!と思っても
    人様からすると間違ってたりするし 本当にこれでいいのか?
    と悶々としてたよ。
    そっかぁ。そうゆう考え方あるね。なんかスーってしたよ。
    いつもありがとう。
    もし間違った道に進んでいたら その時は遠慮なく教えてね!
    心強い味方もいるし また自宅に帰ったら頑張ります!!

  2. nana | URL | -

    すんごい長い文章…。複雑な心境が読み取れます。私から見たらごとしんさんの子育ては全然間違ってないと思うよ。すごいな~って思うこともたくさん!見習わなきゃと思ったりしてたもの。二人の子も素直に育っていると思うよ~、何にしろ人にやさしいじゃないですか!!それ一番大事だと思う。そのまんまでいいと思うよ~。実家に帰った時だけしつけてもらえばいいんじゃない?これからず~っと育てていくのはごとしんさんだしね。それに近頃ジジばばも叱るどころか褒めちぎりすぎのバカ親が多い中、貴重な存在だよ。素敵な両親じゃない。私はホントにうらやましいよ。帰れる実家なんてないからさ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://89kureyonn.blog75.fc2.com/tb.php/231-0b59de69
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。